「みんなでつくる」を

当たり前の未来に。

MESSAGE

"場づくり・空間デザインって専門家に依頼するものだと思われがち。

でも私たちは自分たちが使う場・空間は
自分たち自身で考えてつくることを当たり前にしたい。

自分たちで考えてつくることで、自分ごとになるから。
みんなで一つずつつくっていけば、身近な空間も、
遠いと思っていた地域・社会も、地球環境も、少しずつ自分ごとになっていく。

VUILD PlaceLabはデジタルテクノロジーと沢山のワークショップの経験を活かして、
自分たちの場所を、自分たちでつくれるようにサポートします。
主体性を持った場づくりで、地域と社会、暮らしを楽しくアップデートしていこう。

ARTICLE

PROJECT

みんなでつなぐ、被災地の伝統祭|被災地のことばをかたちに3

能登七尾・一本杉復興マルシェ「ちびでか山」の共同企画・実施製作

石川県七尾の盛大な春祭り「青柏祭」。昨年は感染症拡大後4年ぶりの全面開催となりましたが、今年は能登半島地震の影響により中止になりました。子どもたちに地元の伝統的な祭りに触れられる機会を創るため、「こどもの日」に開催される4回目の一本杉復興マ…

モジュールユニットを使った居場所やコミュニケーションが生まれるきっかけとなる場

札幌『木NINARU BLDG.』内コワーキングスペース『TREE BASE』 内装設計

VUILD PlaceLabは、札幌市における中大規模木造建築ブランド「with TREE」の新築プロジェクトに入居するコワーキングスペース『TREE BASE』の内装デザインを担当しました。木質ハイブリッド集成材を使用した木のぬくもりを感…

テントの「自由」と 建物の「安心」の 間をつくる

Recamp×VUILD 「TENT★CABIN」共同開発

広島・廿日市市にある「もみのき森林公園」のリニューアルプロジェクトの一環として、「TENT★CABIN」の設計・施工を行いました。 全国20か所のキャンプ場運営を行っている株式会社Recampと共同で設計を行い、傾斜地に対応する基礎構造や…

はじまりから終わりのその先をみんなで考える、地球環境を考えるサスティナブルな展示空間

日本科学未来館 新常設展示「プラネタリー・クライシス ーこれからもこの地球でくらすために」の空間デザイン・展示什器制作

7年ぶりにリニューアルした日本科学未来館の常設展示『プラネタリー・クライシスーこれからもこの地球でくらすために』の空間デザイン、什器製作、ワークショップを担当しました。本展示空間は国産の木材を主な材料として、設計段階から以下のようなさまざま…

秘境と絶景〜ととのう空間 〜

椎葉村秘境サウナデザインコンテスト企画・優秀作品の実施製作

椎葉村は1,000mを越える九州山脈に囲まれ、村の96%を森林が占める自然豊かな村。杉の埋蔵量は日本一とも言われ、豊富な地域材が魅力ですが、その大半が村内で活用されていない現状があります。 そこで、椎葉村ならではの地域材を活用を目指し、サ…

MEMBER

このようなプロジェクトに
パートナーとして伴走します

1

共創型の新規事業開発、
製品開発、プロトタイプ

空間デザイン/ワークショップ
オフィス・ワークプレイス/
デジタルファブリケーション

2

国産木材を活用した
プロジェクトを行いたい

社員研修/木育/森ツアー/
地場木材/地方自治体

3

参加型ワークショップを
取り入れた場づくりをしたい

まちづくり/イベント/
コミュニティー

CONTACT USご依頼・ご相談はこちらから